買取金額の決まり方

中古フィギュアの販売価格は千差万別、安いものだと数百円程度から始まり、高いものだと数十万円もくだらない超レア品まであります。このような価格の違いは買取査定額も同じで、基本的には希少価値の有無によって査定額は変化します。更に希少価値は市場の動向に大きく左右しており、最近は高くなっている、あるいは人気が落ちて価格も落ち着いてきているなど、さまざまな要因によって価値が変化します。人気のタイトルで品薄状態のフィギュアならば高くなりますし、不人気なタイトルで量産されている物であれば安くなります。買取価格のベースになるのは、この市場の動向であるということは忘れずに抑えておかなければなりません。

この他にも、フィギュアの保存状態は価値を大きく変化させる要因になります。汚れていて修復も不可能な状態のフィギュアになると、ベースとなる金額から減点方式で価格が差し引かれていきますので、状態が良いものほど高く売れることを意味しています。保存状態はフィギュア本体だけの話ではなく、箱も揃っていると高かったり、取り扱い説明書が付いていたり、鑑定書が付いている物なども高い査定額が付けられることになりますので、こちらも合わせてチェックしておくことをおすすめします。